軽さは?通気性は?気になる作業着の機能性をチェック!

冬場なら暖かくて軽いタイプを選ぶ

冬に屋外で作業をしないといけない時、寒さで体温が奪われると作業効率が悪くなります。寒いからと言っていちいちストーブや焚火などにあたりに行けないでしょう。この時に利用したい作業着としては、まずは防寒性能が高いものが良いでしょう。一般的には体温を逃がしにくいタイプです。裏起毛などがあると、暖かさを感じます。ただ、防寒性能が高くなるとその分重くなるときがあります。着た時は感じなくても、1日作業をしていると重みで疲れやすくなります。暖かくて軽いタイプなら、1日を通して疲れも出にくくなります。中綿に高級な素材を使っているものはあまり重くありません。でもしっかり暖かさはあります。カイロが入れられるタイプもいいかもしれません。

夏場は通気性や冷感素材を使ったもの

真夏は最高気温が35度から40度近くなる日もあります。一般の人なら、クーラーの効いたところで生活ができますが、屋外で作業をするのが仕事の人はそれはできません。暑くても何とか仕事をこなす必要があります。この時に必要な作業着の機能として、通気性がいいものを選びましょう。暑い時はどんどん汗をかきます。通気性がいいと風が通るので、気化熱による体温調整機能が効きやすくなります。さらには冷感素材を使ったものを利用しみましょう。化学繊維の中には、一般的な面素材などに比べるとひんやり感じる素材があります。同じ着るのであれば、少しでもひんやり感じるものの方がいいでしょう。紫外線を通さないタイプなら、体力の消耗も抑えられます。