燃えにくい素材や、防水、防寒など!目的や職種からの作業着探し

電気工事や電気設備に関わる仕事の作業着

街中には電線が張り巡らされています。たまに電線の工事をしている作業員を見かけるかもしれません。何もないように作業をしていますが、電気関係の工事は非常に危険です。高いところでの作業であるだけでなく、感電等に気をつけないといけません。では電気工事等をする人が着る作業着にはどんな機能が必要かです。重要な機能としては帯電防止があります。日常的な行為で静電気などがたまっていると、電線などを触ったときに非常に危険になります。帯電防止機能があれば、静電気はたまらずにどんどん外に流れてくれます。その他吸汗速乾性能も必要です。夏でも長袖での作業が必要になり非常に暑い環境になります。汗をすぐに乾かしてくれるタイプなら、作業に集中できます。

建設や建築に携わる仕事で必要な機能

建物や設備の建築は、今も行われていますしこれからも行われ続けます。建物は一度建てれば終わりではなく、将来的には建て替えなどがあります。AIなどが仕事をするようになっても、建築関係の作業は人の手に頼らざるを得ないでしょう。では建築関係の作業員が着る作業着にはどんな機能が必要かです。作業をする場所は非常に危険なところが多いです。そのため動きやすさが求められます。防縮加工されているものなら、洗っても縮みにくくなっています。また鉄筋などを扱う作業では火花が出る時があり、火花が作業着に引火すると大変になります。ですから坊火や耐火の対策が施された機能が必要になります。冬の寒い時にも屋外で作業をするので、防寒性も必要になります。